TEL

仕事中の事故は必ず労災保険?

仕事中の事故は「労災保険」?「自動車保険」?

お仕事中に事故に巻き込まれ、怪我を負ってしまった場合には、労災保険・自動車保険のいずれかから補償を受け、怪我を治療したり、その他の費用や休業補償を支払ってもらうことができます。

この場合、患者様の意志によって労災保険・自動車保険のどちらかを選択することが可能です。

自動車保険の方が負担少なく済みます

労災保険と自動車保険でしたら、自動車保険の方が、手続きの負担が少なくて済むため、おすすめです。

労災保険はこんなに大変

自動車保険が、最初に保険会社とやり取りをし、書類の提出が済んだ時点から治療に専念できるのに対して、労災保険はお勤め先の企業が間に入り、治療費や休業補償の書類を毎月患者様とやり取りすることになるため、患者様の手続きが煩雑になります。

また、「治療費は労災保険から、慰謝料は自動車保険から」「休業補償の8割を労災保険で、2割を自動車保険で賄う」というように複雑な仕組みになっているため、患者様は保険請求の内容をすべて正しく把握しきれない可能性が出てくるのです。

保険会社が労災保険を進めてくる理由は?

保険会社が労災保険の請求を進めてくるのは、自社で払う補償額を最小限に抑えるためです。

しかし、たとえ保険会社にメリットがあっても、患者様にとって良いことは何一つありません。手間と労力が増えた毎日に「やっぱり自動車保険にしておけばよかった…」と後悔する方が多くいらっしゃいます。

保険会社のしくみ事態も、大変悪質だと思います。「補償額の増加=成績の低下」という負の方式が、患者様への補償支払いを妨害しているだけでなく、保険担当者の首をも絞めているのです。

「労災保険しか使えません」はウソです

保険担当者が「今回の事故では労災保険しか使えません」とウソを言ってくることもあります。「労災保険で手続きを進めているので、もう自動車保険は使えません」と言ってくる担当員もいます。

補償額を下げるために保険担当員がつく「ウソ」に惑わされないよう、気を付けましょう。

複数人で労災申請をするとこんな「危険」も

一度の事故で複数の社員が怪我を負い、皆で一緒に労災請求を行うと、お勤め先の企業へ監査が入ってしまうケースもありますので、注意しなくてはなりません。

労災保険を使った方がよいケースもあります

自動車保険を使った方がよいケースが特に多い中で、自動車保険よりも労災保険を使った方がよいケースというものがあります。

・加害者が無保険の場合
患者様がご自身で任意保険に加入していたなら、等級を上げることなく補償が受けられますが、加害者だけでなくご自身も無保険であった場合(加害者が自賠責保険に未加入である場合)には大変厄介です。

この場合には、労災保険の方が手厚い補償を受けることができます。

・ご自身が加害者になってしまった場合
ご自身の過失が7~9割の場合、最大120万円の自賠責補償が96万円まで減額になります。

被害者の怪我が長引きそうであれば、治療単価の安い労災保険の方が、長く通院してもらえる可能性が高くなるのです。

労災保険・自動車保険による治療は蒼天整骨院にお任せください

ここまでのお話をご覧いただいて、ご理解いただけると思いますが、保険手続きのトラブルは、専門知識のない方がお一人で解決するのは難しい問題です。

ご不安がございましたら、ぜひ山鹿市・菊池市・植木町の山鹿市交通事故労災治療センター(整骨院蒼天)にご相談ください。これまで携わってきた数多くの交通事故治療に鑑みて、皆様のケースに最適なアドバイスをさせていただきます。

当院へのアクセス情報

所在地〒861-0424 熊本県山鹿市菊鹿町松尾510-1 延命館
駐車場5台以上あり
電話番号0968-48-2266
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日水曜日(定休)・祝日(不定休)

当院への道順のご案内