TEL

交通事故 診断書

診断書はなぜ必要なの?

交通事故によって、お身体に怪我を負ってしまったり、不調が起こってしまった場合には、病院から「診断書」を発行してもらう必要があります。

診断書はなぜ必要なのでしょう?その理由は「交通事故によって怪我をした場所」を明確化させる必要があることと「本当に交通事故による怪我である」ということを証明するためです。

整骨院では診断書を発行することができません

診断書は、必ず病院で発行してもらいます。整骨院では発行することができません。しかし、整骨院で交通事故治療を受けていただくことは可能ですのでご安心ください。

診断書はできるだけ早く発行してもらいましょう

診断書は、交通事故から時間が経過しすぎると「怪我と交通事故の因果関係」を認めてもらうことができず、発行してもらえなくなります。

病院への受診、そして診断書発行の意思表示はできる限り早いうちに行っていただくのが理想的ですが、遅くても事故後2週間以内に、医師へ診断書の発行について相談しましょう。

症状のある場所はすべてしっかりと伝えること

例えば、交通事故によって首に「むちうち」の症状が起こった場合、病院では「頸椎捻挫」という風に診断書に記載します。

しかしもし、患者様が首だけでなく腰にも痛みがあるような場合には、腰の痛みについても医師に伝えておかないと、のちに腰についての治療を保険で賄ってもらえなくなる可能性があります。それはなぜなら、最初に発行された診断書に「首に関する症状」しか書かれていないためです。

痛みやしびれ、こわばり感が少しでもある部分は、診断書を発行してもらう前に、医師へしっかりと伝えてください。

2週間以内なら診断書の再発行が可能です

しかしながら、交通事故による痛みやしびれ、こわばり感などの症状は、事故後すぐに身体に現れにくい傾向にあります。症状が起こってから2週間以内でしたら、医師に当初伝えていた部位以外の場所について診断書の再取得が可能です。

また、最初の時点であなたが納得のいく診断書を、医師が発行してくれないようなケースもありますが、この場合は病院を変えることで、患部の状態に見合った診断書を発行してもらえる可能性が高くなりますので問題ありません。

どのようなことでもご相談ください

山鹿市・菊池市・植木町の山鹿市交通事故労災治療センター(整骨院蒼天)では、交通事故治療や、医師との連携について、そして保険手続きに関してお悩みの患者様を全面的にサポートしております。どのような些細な疑問も、ぜひ気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒861-0424 熊本県山鹿市菊鹿町松尾510-1 延命館
駐車場5台以上あり
電話番号0968-48-2266
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日水曜日(定休)・祝日(不定休)

当院への道順のご案内